読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とらすとーる

SE×FPの他愛もない雑記。

1日で、家の中で、1人でできる『夢をかなえるゾウ』の9つの課題

スポンサード リンク

f:id:canopysand:20151001094805j:plain

お金持ちになりたい、有名になりたい、何か大きな偉大な仕事をしたい、自分の才能を充分に発揮したい、成功したい……そういった夢を誰もが持っていることと思います。

しかしどこか不安、恐怖心、臆病さがあってなかなか行動に移せないのではないのでしょうか?

それどころか、何をやったらいいのかわからない方も多くいるのではないでしょうか?

いきなり大胆な行動をするのは時間も勇気もいりますし、難しいものです。

そこで、今回は『夢をかなえるゾウ』から、「家の中で」「1人で」「1日で」できる、夢や目標を叶えられる力を手に入れる課題を9つピックアップします。

夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ

 

このエントリーに書いてある方法を1日1つずつこなしていってみてください。

1. 靴をみがく

f:id:canopysand:20151001095619j:plain

「ええか? 自分が会社行く時も、営業で外回りする時も、自分がカラオケ行ってバカ騒ぎしてる時も、靴はずっと気張って支えてくれとんのや。そういう自分支えてくれてるもん大事にできんやつが成功するか、アホ!」

夢をかなえるゾウ

スーツを着て働くビジネスマンにとってビジネスシューズ、すなわち靴は神聖な商売道具です。靴を感謝しながら磨くというのは仕事に対して真っ直ぐな姿勢を持つということです。そういう姿勢が成功につながっていくのです。

私服通勤などで靴が商売道具ではない方もいらっしゃるでしょう。それでも、毎日仕事をするときに使う商売道具はありませんか?それを感謝しながら、優しく丁寧に手入れしてあげてください。

2. 食事を腹八分におさえる

f:id:canopysand:20151001095655j:plain

「ま、腹八分はささいなことに見えるかも分からんけど、これ、今日からずっとやってみ。食べたいと思ても腹八分で必ずおさえるんや。そうやって自分で自分をコントロールすることが楽しめるようになったら、生活変わってくるで」

夢をかなえるゾウ

この行動は自分をコントロールする訓練の1つです。人間の行動は感情によって支配されています。例えば食事の場合ですと、「お腹いっぱい食べたい」という感情が「腹一杯食べる」という行動を引き起こしているのです。

ここで自分をコントロールして「腹八分で我慢!」ということができるようになると、感情による支配から脱却できるようになります。そうすると自分の行動を自分の意志で選択できるようになるのです。

3. トイレ掃除をする

f:id:canopysand:20151001095827j:plain

「トイレを掃除する、ちゅうことはやな、一番汚いところを掃除するっちゅうことや。そんなもん誰かて、やりたないやろ。けどな。人がやりたがらんことやるからこそ、それが一番喜ばれるんや。一番人に頼みたいことやから、そこに価値が生まれるんや」

夢をかなえるゾウ

世界中の大富豪に共通するある1つの点は、トイレが綺麗であることです。だからトイレ掃除をやれという訳ではなく、人がやりたがらないことをやることに価値があるからやれということです。

人がやりたがらないことでも率先してやるというのは、自分が好きなことをやるのと同じぐらい大事なことなのです。

4. その日頑張れた自分をホメる

「これからはな、毎日寝る前に、自分がその日頑張れたこと思い出して『ようやったわ』ってホメや。そうやってな、頑張ったり成長することが『楽しい』ことなんや、て自分に教えたるんや」

夢をかなえるゾウ

頑張らないといけない、頑張って成長しないといけないと思ってもなかなか頑張れない理由は、「頑張らないと」と考えること自体が楽しくないからです。

人間は弱い生き物で、痛みを避けて楽な方にどんどん進んでいってしまうのです。これはもう習性で、性質の1つなのです。言ってしまえば宇宙の物理法則みたいなものなのです。

そんな宇宙の法則をねじ曲げるように頑張ることを続けるというのは無茶苦茶な話だと思います。とするとこの法則に合わせて自分のやり方を変えるのが筋というものです。

自分の周りに「努力家だなあ」と思う人はいませんか? そういう人は恐らく「努力しよう」とか「我慢して頑張ろう」とは考えていません。そう思って頑張り続けるのは先に述べた通り無理です。

ではどう考えているのか? それは単純に「やりたい」とか、やってることが「楽しい」と考えて、思ってやっているのです。周りの人にはそれがあたかも頑張っているように見えているのです。

今やっていることを「やりたいこと」とか「楽しいこと」にするには、頑張った自分をホメることです。そしたら「今やっていることは楽しいことだ」と頭が認識してくれます。

5. 決めたことを続けるための環境を作る

「本気で変わろ思たら、意識を変えようとしたらあかん。意識やのうて『具体的な何か』を変えなあかん。具体的な、何かをな」

夢をかなえるゾウ

人間は意識を変えることはできない。これはとても重要な人間の性質です。意識を変えようとするのは未来の自分に期待するということです。意識を変えれば未来の自分が行動してくれると考え、今の自分は楽をしているのです。実際に行動に移すときの辛い作業から逃げているのです。

だから意識ではなくて、もっと物理的なことを変えなければいけません。自分が今、未来の自分に期待している行動をせざるを得ない環境を作るのです。

例えば、今の自分を誘惑して、やりたいことの障害になっているものがあれば捨てるのです。物理的に不可能になってしまえば、誘惑に負けることも不可能になります。

6. 毎朝、全身鏡を見て身なりを整える

f:id:canopysand:20151001100151j:plain

「意識や内面を変えることは難しゅうおます。そやけども外見は変えられるんです」

夢をかなえるゾウ

服も変えられることができる環境の1つです。ナポレオン・ボナパルトも「人はその制服の通りの人間になる」と言うくらい服装が人の意識に与える影響は大きいのです。

別に高い服を着ろという訳ではないのです。自分に自信の持てる服を身に付ければ、行動や言動も変わるのです。

ここまで靴磨き、トイレ掃除と書いてきましたが、自分自身を清潔に保つこともまた大事なのですね。

7. 夢を楽しく想像する

「誰に言われるでもなく、勝手に想像してワクワクしてまうようなんが夢やねん。考えはじめたら楽しゅうて止まらんようになるんが夢やねん」

夢をかなえるゾウ

思考は現実化する〈上〉』という本に"願望の設定は、あらゆるものの達成の出発点である"と書いてあります。

思考は現実化する〈上〉

思考は現実化する〈上〉

 

こういうのを読んでしまうと「夢を思い描かないといけない」と考え、それが逆にプレッシャーになってしまうことがあります。

本来夢というのは考えるだけでワクワクしてしまうようなもので、それはもう妄想と言ってしまってもいいものだと思います。

例えば、「お金持ちになる」ことを最初に夢見て、「願望は細かく設定しないと実現しない」なんて一節を読んでしまうと一生懸命「具体的に考えよう」と思って苦しい思いをしてしまいます。

そうではなくて、もっと気楽に妄想してみましょう。「10億円稼いだら何に使おうかな♪」と考えはじめたら良いのです。10億円で何が買えるかなんて考えなくて良いのです。実際に買えないものでも良いじゃないですか。妄想なんですから。

8. 明日の準備をする

f:id:canopysand:20151001100627j:plain

「一流の人間はどんな状況でも常に結果出すから一流なんや。常に結果出すにはな、普通に考えられてるよりずっと綿密な準備がいるねん。ええか? ワシは明日の富士急ハイランドのスケジューリングを通してそのことを自分に教えたってんねや」

夢をかなえるゾウ

金持ち父さんの起業する前に読む本 -ビッグビジネスで成功するための10のレッスン』という本のレッスン1は"成功するビジネスはビジネスができる前に作られる"です。

金持ち父さんの起業する前に読む本 -ビッグビジネスで成功するための10のレッスン

金持ち父さんの起業する前に読む本 -ビッグビジネスで成功するための10のレッスン

  • 作者: ロバート・キヨサキ,シャロン・レクター,白根美保子
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2006/11/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 8人 クリック: 248回
  • この商品を含むブログ (31件) を見る
 

しっかりした計画がないと、それが良いビジネスで最初成功したとしても、結局失敗する可能性があるのです。

ビジネスというと規模が多くて普段の仕事には別に必要無いようにも感じてしまいますが、こういうのは普段の心構えです。実行するものの規模は関係ないと思います。

普段の小さい仕事であってもちゃんと準備をする。そうすると一流の習慣が身につき、引いては大きな仕事の成功にもつながっていくのです。

9. 毎日、感謝する

f:id:canopysand:20151001100937j:plain

「自分の中に足りんと感じてることがあって、そこを何かで埋めようとするんやのうて、自分は充分に満たされている、自分は幸せやから、他人の中に足りないことを見つけ、そこに愛を注いでやる。この状態になってこそ、自分が欲しいと思ってた、お金や名声、それらのすべてが自然な形で手に入るんや。だってそやろ? 自分らは、お金も、名声も、地位も、名誉も、自分で手に入れる思てるかも分からんけど、ちゃうで。むしろ逆やで。お金は他人がお前にくれるもんやろ。名声は、他人がお前を認めたからくれるもんやろ。全部、他人がお前に与えてくれるもんなんや」

夢をかなえるゾウ

お金というのは人の喜びが具現化したものです。なのでお金を手に入れようと思ったら人を喜ばせなければなりません。

人を喜ばせることができるようになるには、まず自分が満たされている状態にならなければなりません。

でもお金に限らず、何かが欲しいと思っているとそれは自分が満たされていないと思っていることと同じなので人を喜ばせることはできません。

欲しいものを得るには人を喜ばせる。人を喜ばせるには自分が満たされる。自分が満たされるには欲しいものを得る。

このループから抜け出すためには今の自分が満たされていると思わなければなりません。そのために「感謝」するのです。今の自分の状態を作ってくれているもの全てに感謝するのです。

みんなのおかげで私は満たされています。幸せです。そうやって感謝することでループを抜け出し、人に与えられるような人間になれるのです。

まとめ

 『夢をかなえるゾウ』の中でも「1日で」「家の中で」「1人で」できるという難易度の低い課題を9つご紹介しました。

でも物事が簡単なことと自分がやれるかどうかは別問題だと思うんですよ。どんなに簡単なことも自分にやる気が無かったらできないと思います。もはや可能性っていうか蓋然性の問題ですよね。

逆に言えばどんなに難しいこともやる気があったら何でもできそうですよね。

要はやる気の問題。こんなエントリーを書きながら僕もやらないとなって思いました。