読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とらすとーる

SE×FPの他愛もない雑記。

優柔不断な人でもたったの2ステップで簡単に決断力をつける技

知識
スポンサード リンク

f:id:canopysand:20160625160627j:plain

人生はいつだって選択の連続。

自分のやりたいことがある時、どうやって決断するのが良いのでしょうか?

なんとなくではなく、論理的に自信を持って「これだ!」と判断したいものです。

ではこの判断を2つの視点から行う方法をお伝えします。

「やったら」と「やらなかったら」

まずは内容についてだけ考えます。

やりたいことを「やったら」と「やらなかったら」の2つに場合分けして、それぞれ「良い面」と「悪い面」を書き出してみます。

f:id:canopysand:20160625151927p:plain

これを書いて見た上で「やった方が良さそうだ」と思ったら、次のステップ、「タイミング」を考えます。

「今」と「後で」

次に「今やったら」と「後でやったら」の2つに場合分けして、またそれぞれ「良い面」と「悪い面」を書き出してみます。

f:id:canopysand:20160625153651p:plain

一見なんでも「今」行動するのが良さそうですが、物事には好機があります。なぜなら何をやるにしても誰かに影響を与えるからです。

機が熟する前に行動するとどうしても高いパフォーマンスや最高の結果を生み出すことはできません。

独りよがりにならずにじっくりとタイミングを見極めてください。

「今」やるのが良いと思ったら今がベストタイミングですし、「後で」やるのが良いと思ったら、じゃあいつやるのが良いのか考えてみましょう。

私たちは成功したときに「タイミングがよかった」と喜んだり、うまくいかなかったときに「タイミングが悪かった」と残念がったり、成否を受け身で語ることがよくあります。
成功の秘訣が「タイミング」であるとしたら、積極的に「タイミング(好機・勝機)」をつかむことが重要です。

株式会社プライムタイム

まとめ

物事をやるか、やるまいか。その決断は難しいように見えますが、考え方はいたってシンプルです。

「内容」と「タイミング」を紙に書き出すことで、客観的に判断することができます。

是非ここぞというタイミングで使ってみてください。

人生を変えた贈り物 あなたを「決断の人」にする11のレッスン

人生を変えた贈り物 あなたを「決断の人」にする11のレッスン