読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とらすとーる

SE×FPの他愛もない雑記。

ブログのアクセスアップにつながる人の役に立つ記事の書き方

スポンサード リンク

f:id:canopysand:20150907121004p:plain

ブロガーならアクセスアップにつながる人気記事を書きたいと誰もが思っているでしょう。

記事の人気度というのはつまるところ人の役に立つかどうかで決まります。人の役に立つというのはブログにおいては次のような意味です。

  • その記事を読むことで新しい知識が得られる
  • その記事を読むことで、自分が試行錯誤する手間が省け、お手軽に効果が得られる

どんなに頑張って書いても読者に役に立たないと判断されればその記事は自己満足ということになってしまいます。するとアクセスも伸びません。

アクセスアップを狙うブロガーは人の役に立つ記事を書くことを目指すべきなのです。

そんな記事を書くのにもコツ、というかうまい手順がありますので、ご紹介します。

"誰に、何(キーワード)を、どのように伝えるか"を戦略的に組み立てる

いわゆるマーケティングです。マーケティングといっても難しく考える必要はなく、誰にどのように記事を読んで欲しいかを考えればいいです。

誰に、というのはつまりターゲットですが、コツはターゲットを絞ることです。万人受けする記事を狙うと結局断片的な情報しか書けなかったり、検索結果ランキングで勝ちにくかったりします。

それなら特定のターゲットに狙いを定めてそのターゲットたちからのアクセスをごっそり頂く方が効率的にアクセスを集めることができます。競合もしにくいです。

ここで重要になってくるのがキーワードです。

何(キーワード)を、というのはターゲットを絞り、価値ある情報を、ということです。自分が記事で書きたいことと検索キーワードを考えます。ここで「Google AdWords: Keyword Planner」が役に立ちます。

どのように、というのは記事の書き方です。有益な記事を集めてきてキュレーション記事にするのか、他の類似記事よりも質の高い記事にするのか、といったことです。

目次を書く

記事の内容がおおまかに決まったら最初に目次を書きます。これが記事のアウトラインになります。

基本的に、[導入文] - [本文] - [まとめ]の構成にするといいでしょう。

タイトルをつける

目次が完成したら、目次にあったタイトルをつけます。タイトルは記事の内容以上に重要なのでじっくり考えましょう。ここでもGoogle AdWords: Keyword Planner」が役に立ちます。

タイトルには文字数に気をつけましょう。

主要な検索エンジンの検索結果一覧ページ(SERP=サープ)におけるタイトル名の表示可能文字数は、google=約29、Yahoo=約32、はてブ=約35と、全角29文字以内は許容している為、その範囲内でのtitle付けが最適とされています。

タイトル文字数カウント君!titleテキストの長さをSEO的に調整♪

文字数を自動でカウントしてくれるツールが「タイトル文字数カウント君!titleテキストの長さをSEO的に調整♪」です。かなり重宝してます。

ここまで来ると記事の大半は完成したも同然です。

内容を書く

あとは記事の内容を書くだけです。

行間や画像をうまく使いこなして見やすい記事を書くことを心がけます。アイキャッチ画像は必ず使いましょう。

記事の価値を更に高めるためには次の2点にも注意します。

  • 専門性の高い内容になっている
  • タイトル内容や各見出しの内容に対して、根拠となるデータ(数値)が提示されている

記事の書き方も含めて、次のエントリーが参考になります。

viral-community.com

また、記事を書くときには文字数もいい塩梅の量にしたいですね。多すぎず、少なすぎない文字数を心がけましょう。具体的には2000~3000字前後がいいと言われています。

ちなみにこのエントリーの文字数は2271字です。

wakarukoto.com

So what?テストをする

記事が一通り完成したら、最後にSo what?テストをします。

So what?とは「で、だから?」という意味です。これに対して明確な答えが無かった場合、その記事はまだ自己満足の域を抜けだしていません。

例えばこのエントリーの場合、「人の役に立つ記事の書き方を紹介」しています。「で、だから?」と言われると、「だからこの書き方に沿って記事を書くことで質の高い記事を生み出すことができ、アクセスアップにつながる」と答えられます。

このように、記事を書き終わったら「この記事はどう使うんだろう?」とか「この記事を読むとどんな効果が得られるんだろう?」とか考えてみてください。

まとめ

ブログにアクセスをもたらすのは人の役に立つ質の高い記事です。

良質な記事を書くための手順は

  1. マーケティング
  2. 目次(アウトライン)
  3. タイトル
  4. 内容の執筆
  5. So what?テスト

でした。

この手順に沿って、人の役に立つ質の高い記事をどんどん増やしましょう!